富士松の強み

プラスチック製品の加工や原料販売、そしてクリアケースの製造など、プラスチックのプロ集団として多くのお客様から長年にわたって信頼をいただいている株式会社富士松。 富士松が持つ強みと、その強みを生み出す「人」への思い、そしてプラスチック製品を通じてかなえたいことなど、富士松からのメッセージをお伝えします。

技術とノウハウは「人」が生み出す財産。

株式会社富士松は、プラスチックの素材提案から設計、加工、納品にいたるすべてのプロセスに精通するプラスチックのプロ集団です。
富士松にとって最大の強みであり財産とは、専門的な知識、ノウハウを持ち、会社の財産として受け継いでいくプロとしての「人」の力です。富士松の業態はファブレスだからこそ、人が生み出す提案力、解決力、技術力、実現力…こうしたさまざまな「力」が長年にわたる富士松の成長を支えてきました。

プラスチックの「知恵袋」にできること。

プラスチックに関する高度かつ豊富な知識やノウハウは富士松にとって大切な財産ですが、それはお客様満足に直結するものばかりです。
原料や用途、樹脂の特性などについてはプラスチックの知識としていずれも重要なもので、全ての工程を担う富士松は加工や製法の特性も考慮したご提案も可能です。
お客様からは技術的なご質問やご相談をいただくこともあり、「知恵袋」としてのご期待にもお応えしております。

金型設計、成形技術にも強みを発揮。

富士松にはプラスチック製品を製造するための金型設計部門があります。3Dプリンターによる試作品に微調整を加えながら製品を仕上げていくプロセスはお客様からも好評で、よりご要望に近い製品づくり、精度の高い製品づくりに役立てられています。
加工における具体的なイメージや問題になりそうな部分の改善などをご提案することにより、問題を未然にふせぎ正確性と迅速性が飛躍的に向上します。

昭和28年の創業以来、
60年を超える信頼と実績。

富士松の創業は昭和28年という老舗企業です。創業時からのお付き合いがあるお取引先も少なくなく、お取引関係の長さ=お取引の質の高さであると感じています。
これからも富士松はお付き合いを大切にする会社として、末永い信頼関係をベースに良いもの、良いサービスを世に送り出していきたいと考えております。

「こんなものを作りたい」を
カタチにします。

プラスチック製品の企画段階からのご提案、金型設計、加工、そして納品にいたる全ての工程を担う富士松では、「こんなものを作りたい」というプラスチック製品の構想を形にいたします。
今までにないものを作りたいというのは、プラスチック製品を作り続けてきた富士松の創業時からの夢でもあります。簡単なスケッチや企画書の状態からでも対応可能ですので、お気軽にご相談ください。